[ウェブエキスパートドラフト休止のお知らせ](https://webexpert-draft.jp/articles/92)
ファンとアーティストの”時間”と”ありがとう”をつなぐ

株式会社10ANTZ

何をやっているのか

株式会社10ANTZ<テンアンツ>は、ファンとアーティストの“時間”と“ありがとう”をつなぐデジタルコンテンツを展開しています。

アイドルからロックバンドまで、アーティストによってコンセプトやコミュニケーションの方法も様々。
それぞれの世界観に合わせて、アーティストと協力しながら企画・開発から運営までをワンストップで手掛けています。

《主なタイトル》
■『乃木恋 ~坂道の下で、あの日僕は恋をした~』
400万DLを突破した、乃木坂46を起用した恋愛シミュレーションゲームアプリ。
新曲リリースや全国ツアー、主演映画とのコラボといったリアルと連動した企画やプロモーションを実施し、
多くのファンの方々に楽しんでいただいています。
■『東方神起 TIMELESS ~未来への旅立ち~』
東方新規オフィシャルファンクラブ「Bigeast」会員限定スマホゲーム。(2017年9月サービス終了)

7月1日から始まった2017年度は、絶好調な『乃木恋』の追い風を受けながら、
来年度にリリースする様々なアーティストとの新規タイトルの企画・開発を既に走らせています!

ゆくゆくはゲームアプリだけでなく、ゲーミフィケーションを採り入れた新しいデジタルコンテンツを送り出していきたいと考えています。

なぜやるのか

「ファンとアーティストの“時間”と“ありがとう”をつなぐ」

音楽業界とITベンチャーの両方を経験した代表のもと、2013年に設立した10ANTZ<テンアンツ>。誕生以来一貫して、アーティストとデジタルコンテンツを融合させた新しい形のサービスを提供してきました。

エンターテインメントを取り巻く環境は大きく変化し続けています。
技術の発展とともに、音楽、ゲーム、映像などの楽しみ方は多様化し、新しい形のプロダクトやサービスが日々生まれています。
このような環境の中、アーティストとファンの間に新しい体験を提供したいという思いが10ANTZの原動力です。

これまでのアーティストとファンの関わり方は、新曲リリースやテレビ出演、ライブといった“点のコミュニケーション”が主流でした。
しかし、ゲームアプリなどのデジタルコンテンツなら、ファンは毎日アーティストと接点を持てる。
そんな発想から、私たちはDAF(Daily Active Fans)をKPIに設定し、アーティストとファンがより身近に感じられるコミュニケーションのあり方を追求しています。

これまでの断片的な点と点をつないで、滑らかにつながる“線のコミュニケーション”を実現する。
私たちはリアルとデジタルコンテンツの融合を通して、エンターテインメント業界の次なるスタンダードを提案していきます。

どんな仲間がいるのか

ITやゲーム業界、音楽業界出身者を中心に、様々なバックボーンを持つ社員が集まっており、個々がそれぞれの強みで戦うチームです。

10ANTZではエンドユーザーとアーティスト双方の側に立ち、ファンの方々に喜んでいただき、アーティスト側にもメリットのあるコンテンツ作りを追求できることが他社にはない強みです。
そのために、職種や役職を越えてディスカッションを重ね、全員でアイデアを形にしていくフラットな環境があります。

過去の成功体験や既存のやり方に囚われない新しいアイデアが求められており、代表にプレゼンするチャンスは常にオープンです。

自分たちが持つデジタルコンテンツの企画・開発・運営のノウハウを最大限に活かし、アーティストをより輝かせる。それを実現できるクリエイターになることが社員全員に課されたミッションです。

入札参加回数

3回

会社情報

代表者名髙澤 真
設立年2013年
資本金2,977万円(資本準備金含む)円
売上高
従業員数58人
平均年齢31.0歳
住所東京都渋谷区渋谷3-12-18渋谷南東急ビル4階
会社HPhttps://10antz.co.jp/

求める技術・スキル

    未入力

株式会社10ANTZの文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

休みと時間

選考

SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友だちに薦めたいですか?