[ウェブエキスパートドラフト休止のお知らせ](https://webexpert-draft.jp/articles/92)
「人は成長できる」を実現する

NowDo株式会社

何をやっているのか

Now Do 株式会社は、プロサッカー選手の本田圭佑(メキシコ・CF パチューカ所属)が 2017 年 9 月に立ち上げた会社で、自身初の社⻑業として新たなサービスを開発してます。

サービス内容は、自身の都合がいい時間にスポーツを習いたい人が、そのスポーツを教えてくれるト レーナーをサイト上で手軽に見つけ、場所や値段を決めて実施するというもので、いわば、『スポーツ トレーニングにおけるマッチング』サービスです。このサービスにより、1 : スポーツを習う人、2 : スポーツを教える人、3 : スポーツをするための施設運営者、以上の3者が抱える問題を解決し、それぞれの成⻑に貢献するというものです。

まずはサッカー・フットサルでのマッチングにフォーカスし、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)でサッカー(フットサル)を教えられるトレーナーと、空いている時間の稼働を向上していきたいサッカー(フットサル)施設の登録をスタートします。(https://nowdo.jp/) 将来はサッカー(フットサル)以外の他のスポーツにも広げていく予定です。

また、当サービスは、インターネットスポーツメディアの価値最大化を掲げ「スポーツブル」を運営する株式会社運動通信社と5G/IoT 時代における顧客体 験価値創出に沿った新たな共創型事業基盤確立を掲げる KDDI 株式会社と共同で、サービスを展開して行きます。「スポーツブル」は今回の取り組みを機に、スポーツ体験価値向上を目指して、見る(Watch)だけでな く、習う(Lesson)や、する(Do)という領域にも幅広く事業を展開していきます。「KDDI」は有するデータ解析技術を活用したマッチング精度の向上や IoT デバイスによるセンシングサ ービスの企画・開発など、5G/IoT 時代における新たな顧客体験価値の創出を目指します。

そしてNow Do 株式会社は、スポーツ庁が成長戦略に掲げる「地域の指導者を主体としたスポーツエコシステム 構築推進事業」(地域スポーツ資源活用モデル形成支援事業)の委託事業を受託し、スポーツ施設や指導者・指導プログラムを一括検索できるシステムの立ち上げなど、利用者の利便性を向上させる取組を推進することによって、施設の稼働率向上等を図ります。そしてICTを活用することで、施設の場所・空き時間や、指導プログラムの提供場所・時間を見える化し、ユーザーが好きな場所・時間で好きな指導者から指導を受けることが可能になり、スポーツ実施率の向上にもつながる取組みを行っております。

なぜやるのか

どんな仲間がいるのか

入札参加回数

1回

会社情報

代表者名本田圭佑
設立年2017年
資本金
売上高
従業員数
平均年齢
住所東京都渋谷区神南1-11-3
会社HPhttps://nowdo.jp/company/

求める技術・スキル

  • プロダクトマネージャー

NowDo株式会社の文化

会社

快適さ

開発

選考

マーケティング

SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友だちに薦めたいですか?