[サッカー本田圭佑氏がCEOを務めるNow Do株式会社が第3回ウェブエキスパートドラフトに参加](https://webexpert-draft.jp/articles/71)

mtn

今回は参加していません。
mtn
今年で30代後半
UX/UIデザイナー系
大学卒業/修了
参加ステータス
不参加
転職意欲
参加回数
1回
累計平均提示年収
--万円
3年後の目標や野望
UIデザインを何でも出来る、そしてUXデザインの幅を広げる
プロジェクト詳細
プロジェクト1
役割
プロジェクト2
役割
その他の経験分野・事業
未入力です
直近、具体的にしたい仕事
web だけにとどまらない インターフェイス設計に関われれば
強み、他人から評価されているポイント
# 人とのコミュニケーション能力のたかさ 個性を認めることができます。 他者の得意不得意を認める事ができます。 得意とやりたい事が、噛み合っていない場合もあります。 スキルが高いからといって、ビジネス視点がない場合もあります。 そういった人に助言やサポート、誘導するして円滑なコミュニケーションを構築できます。 --- # ストレングスファインダー → <http://xn--bckg8a9ab8bxc5fpjscf3i.com/>の結果は以下です。 トップ 5 - 1.運命思考 - 2.個別化 - 3.共感性 - 4.原点思考 - 5.活発性 以下、運命思考からの抜粋です。 特定のプロジェクトや大義が人間の生活の質を向上させることを、一部の人に説くことがあります。 個人よりグループの方が多くを達成できることを人々に気付かせるでしょう。 チームメンバーに、自分たちが成功するか否かは共同作業の能力に直接左右されるということを定期的に思い出させます。 時間、距離、人種、民族、宗教、経済レベル、言語、文化を超えて 互いに結び付いていることを他の人が理解する手助けをする。 あなたのおかげで他の人は一緒に仕事ができます。 あなたはそうした人たちを隔てている障壁を壊そうとします。
今の役割における仕事のやり方として、実績を出すために最も重視しているもの
# メンバーのメンタルケア 1人では、大きなプロジェクトを制作できません。いろんな裁量、個性を持った人々と協力せねばいけません。 未来が見えにくくなります。今行なっている作業はどのような形で自分たちのスキルになるのか。 そんな時に互いに認め合う、おぎなう、 未来を話す、伝える事でモチベーションを担保しする。 そうやってひとつのPJをポジティブにやり切る雰囲気をつくること。 ネガティブな意見をもったスタッフも受け入れることができます。
今後身につけなければいけないと思っていること
・デザインのロジック習得(黄金比など) ・コンポーネント的設計(オブジェクト指向)
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
# 生き方 (稲盛和夫) 当たり前の事を当たり前に行えば、結果はでる。ただし、当たり前を続ける事の難しさが前提になっていると受け止めています。日々の小さな当たり前を積み重ねることによって大きな結果へつながると考えています。
その他アピールしたいこと
最近子供が生まれました。 子供の成長に負けないように、自分も成長していきたい。
スキル
スキルポイントの割り振り
キャラクター
直近で一番やりたい事
スキルの幅を広げたい
好きな会社規模は?
好きな社風は?
自分がリードする場合、あなたがしたいスタイルは?
あなたの業務上の動き方は?
相反する場合、どちらを重視しますか?
会社を選ぶ一番の基準
理念や社会的意義
やりたくない分野
金融 / 医療・介護 / 人材 / ゲーム / アダルト / 仮想通貨
職種的なバックグラウンド
エンジニア / デザイナー / ディレクター
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友だちに薦めたいですか?